読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デジハリWebスクール 戦記

デジハリWebスクールでWeb制作を勉強してます。もちろんブログは非公式です。

最大の魅力は「人」。人から受ける刺激が内なる衝動となり、学びをドライブさせるー。

仲間づくり 友人 情報共有 学びの刺激

わたしには、デジハリにとてもいいお友達がいる。

 

その人は、デジハリでの学びだけでなく、

自分の興味からネットのいろいろな情報を読み漁り、

PhotoshopIllustratorも、HTMLもCSSもそしてSassまで習得していっている猛者です。

 

そんな彼は、いまは、Javascriptに目下トライ中。

とても楽しいそうです。

 

f:id:etamaemma:20160802061126j:plain

 

わたしは、彼に会って、だいぶ変わった。

デジハリでは、確かにがんばってはいた。講座動画を1ヶ月でほぼ見終え、課題をこなし、自分が作りたかったものを、さっさと作っていった。しかし、壁にぶつかったときは、折れていた。やる気はすぐになくなったし、ぼーっと画面を見ているだけで、先生に質問もできず、数時間を過ごすことも少なくなかった。

 

しかし、彼と交流するようになり、何をしているかを聞くにつれて、わたしは変わっていった。在学中にやりたいことが増え、手を出してみたい技術も増えた。時間が足りないと感じ始め、朝は自然と早く目覚めるようになった。彼が新しいことを習得すると、負けられないと思った。知らないことを、便利だよ、と教えてもらうと、心底感動したし、自分でも使ってみたい!と思った。

 

何より、内側からやる気が湧いてきた。好奇心が増し、この技術が身についたら、どんな表現が可能になるだろう。Web上で、どんなコミュニケーションが取れるようになるだろう。この先には、どんなことができるようになるのだろう。…そんなことを考えると、いてもたってもたまらなくなるのだった。

 

敬遠していた、プログラム言語も、興味が出てきた。CSSの本を買い、Sassの本を買い、わからないなりに付箋を貼って、蛍光ペンで線を引いて、手を動かして、とりあえずやってみる。わからないときには聞くこともあり、自分でしばらくやって解決できるときもある。

 

 正直、人生の中で勉強を自発的にやっているのなんて、今くらいかもしれない。

 自分の本当に素直なところで楽しいと思えて、寝ても覚めてもweb見て、コードの本見て、わかるかわからないか関係なく、対峙できるのは、そうしていることが楽しいから。そして、シェアできる人がいるのが、楽しいから。

 

「ジーズアカデミー戦記」の方も「最大の魅力は『人』」と言っています。

ga-chronicle.hateblo.jp

 

こちらの言葉には、とっても共感できます。本やネットの文章や授業からも刺激を受けるけど、生身の同じ立場の友達ほど、影響をくれるものは、ないから。

 

また、そんな友達がいることをありがたく思うとともに、そんな気持ちを分かち合える関係性を築ける人を広げていきたいと思った。そして、新しい未来をみんなで切り拓いていけたら、どんなにすてきだろう。