読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デジハリWebスクール 戦記

デジハリWebスクールでWeb制作を勉強してます。もちろんブログは非公式です。

軽々しくWeb周りのことを依頼してくれる友人は、なんとなく多くの「妻と夫」の形に似ている気がする。

毎日、いろんなことを思います。

 

このブログを始めた当初は、毎日なんて書くことあるのか…?と思っていましたが、

もう不思議なくらい、毎日いろんなことを思います。

 

f:id:etamaemma:20160816214649j:plain

 

今日はこんなことがありました。

 

関西人のお友達から1週間ほど前にFB経由でメッセ。

仕事を依頼したいとのこと。その2,3日後に、彼の予定に合わせて、わざわざ出かけて話を聞く。

 

WordPressのサイトを作りたいとのこと。

なるほど。了解。

 

そして、今ある問い合わせサイト(これもWordPressで作ってある)の

一部だけ表示を変えたいらしい。なるほど。それも了解。

しかも、これを18日までに変えたいとのこと。

 

「あー。じゃあ、見てあげるよ」と言ったものの、

そこで金額の話は特にでなくって。

 

今日、どこをどう変えたら望み通りの表示になるかをわかった上で、

念のため、聞いてみた。

「いくつか修正する箇所ありそうなんだけど、これって、作業費出るの?」

 

そしたら、

お金かけなきゃいけないくらいなら、しなくて良いよー

どうせ近いうち作り直すだろうから勿体無いw」

とのこと。

 

 

そっか。

わたしの手間は、何にカウントされているんだろうな。

 

作り直すときに、仕事を頼んでもらえるのかは、まだよくわからない。

わからないけれど、ここで作業しちゃうと、「わかるやつにやってもらったわ~」とか

外で言われるんだろうな。。。そうやって、消費されちゃうんだろうな、とか

思っちゃったりする。

 

 

Webのことを知らないお客さんは、そのほかにも、

「こっちで編集できるようにしてほしいんだよねー。でも、もうお金ないよ」とか

平気で言ってくる。「こっちで編集」の人員にはバイト代が出るのに、こちらは

タダ働きの方式で、こっちだって作業に時間かけてるのに…と思うけど、

その発想は考えにくいんだと思う。

 

お金発生するのだったら、作業やめるとはどういうことなんだろうな。

だったら、もう依頼してくれるな、という感じで、大してむずかしい作業じゃなかったけど、いろいろ考えて、今回は「今後に響くからやらない」、を選択した。

 

 

これって、多くの家庭で、妻が夫に「わたし何もできないの~」としている現象と

似ているな、とか思っちゃった。できないことにしていれば、余計な仕事は振ってこない。「Webの人=Webが軽くできる人」という認識だから、こちらの作業は彼らに

とっては、重い(お金のかかるような)仕事ではないのだ。

 

きっとここにはベストな対応方法があるんだと思うんだけど、

なんだかなぁ、と思った日でした。

 

とりあえずは、実績上げるためのサイトでもバンバンつくって、

発言力を持ちたいところです。

 

がんばります!!