読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デジハリWebスクール 戦記

デジハリWebスクールでWeb制作を勉強してます。もちろんブログは非公式です。

上野LIG校で卒制発表会あった。卒業生と在校生とトレーナーと交流することのありがたさ。

昨日はデジハリ上野LIG校で卒制発表ありました。

7月生・8月生合同の卒制発表会だったんだけど、総勢10名ほど。

 

めっちゃ優秀なメンバーで、JavaScript, CSS, そしてSVG, 更にはFlash……?と思いきや、Adobe Flashの後継であるAnimateを使ってアニメーション使った画像を取り入れてたりとか、もう……とにかく、すごかった……。

 

それもそのはず。このタイミングの卒制は、人数が多いのもあって、上野LIG校の中でも屈指のプログラムに強い先生が卒制担当になっていて、他の人から話を聞いてたらもうめっちゃうらやましい……!!!!!!!!!って思うレベルの環境だった。

 

f:id:etamaemma:20170214000715j:plain

 

卒制発表会に卒業生として参加するんだから、「みんながんばってるなー。よしよし」みたいな姿勢で話を聞きたいんだけど、ぜんぜん。。。。

 

自分ができないことができている発表者を見ると、一刻もはやくこの場を立ち去りたい衝動にかられ、「いやいや、事実を直視しようよ……」と自分に言って聞かせる始末。

 

 

ま、そんなこんなで卒制発表会は、出てもおもしろいんですが、この日はその後(14:00)から、近所の中華で他の卒業生(と思っていたら在校生だった)Kさんとしっぽり2時間くらい話し込む。

 

この世界の人とだからこそ、みっちり話せることがいろいろあり、この世界の人の中でも「このひとにこの話をしたい……!」みたいなのがあると、もう離せない。「この後、時間ありますか?」と時間を押さえて、みっちり話をできるのが、めっちゃ幸せ。

 

 

そんなこんなで2,3時間経過し、その後はこちらのお店に移動。

 

f:id:etamaemma:20170214000625j:plain

 

お魚が美味しいお店です^^

 

f:id:etamaemma:20170214001637j:plain

 

焼き物あったり……(焼いているものが写ってなくて、スミマセン……)

 

f:id:etamaemma:20170214001459j:plain

 

プライバシーの許可取ってないんで、みんなの写真は載せないんですが、本当に楽しかったです。

 

そして、卒業して、ちょっとたって、みんなとも先生とも、前とはちょっと違う話もできて、ほんとよかった、と感じた1日でした。

 

昨日話した内容で、おもしろいなーと思ったことがある。先生は卒業していったら、生徒は同業者としておもしろい話を飲み屋でしたい、と思っている。これは、昨日飲んだ先生だけじゃなくって、他の先生からもちょいちょい聞くことがある。

 

わたしは、在校生だったときは自分のこと同業者になるなんて考えられず、いつまでも甘えていたい気持ちでいたけど、卒業してちょっと経ってきたら、なんか早く同業者として情報やり取りしたいと思う先生の気持ちはわかるような気がしてきた。

 

いろんな仕事の仕方がある中で、人に教えるメリットって、教えた人がまた違う情報を取り入れて教えてくれたり交流できたりするようになることだと思うし、そこを期待して楽しみに育てるもんなんだろうなー。

 

最初はなんでもかんでも聞かないと進まなかったのが、だんだん聞けないことも増えてきて(プログラムの範囲外になるから。っていうか授業に含まれているのは基礎なので)、質問しても先生によっては答えてくれなくなってしまうので(そもそも経験なかったりするから)、自分で調べて学習するようになったり、本も「これ以上お金払えない」とか思っていたけど、「買わない方が機会損失」と思って買うようになり、どんどんいろんなことが見えてくると、先生にもカバー範囲がずいぶんちがったんだな、というのが見えるようになってきた。

 

だから、知ってること知らないことって、本当に「人により」なんだよね。

「人により」だからこそ、交流しながら飲むのって意味がある。

 

上野に転校する前は、質問しても答えてもらえない時、自分の聞き方が悪かったから答えてもらえなかったのか、プログラムの範囲外と先生が思っているから答えてくれないのか(これは、事務局の方と先生の認識はちがうと思う)、そもそも本当に知らないのか、まったくわからず、つらかった。

 

入学前に「こんなことも、あんなことも、全部できるようになって卒業する!!」って思っていたことは、半分以上できなくて、期待が高かった分、本当に必死だったけど、全貌が見えなくて空回りした。

 

いま考えると、最初に選んだ学校が合わなかったんだな、って思うけど、なんかそういうことも含めて考えられるようになっていて、こういう機会を頂けて、ありがたいな、と思った。

 

上野校の何がいいって、在校生でも卒業生でも集まれば、「飲もう」「お茶しよう」ってなること。そこにトレーナーの先生も加わるとなお楽しい。

 

今回は、学校側の仕切りじゃないけど、学校が去年の忘年会や懇親会や、いろいろと定期的に企画してくれるから、人が集まるときには自然にそういう流れになる。もう本当に学校のおかげだと思ってる。

 

学費は、やっぱりネットワークに払うものだと思う。数ヶ月一緒にすごす仲間や先生や、そんな人たちとつながれることが、本当に学費を払う価値。

 

本科で空回りしていたときより、自分で勉強会を企画して、そこで生じた先生との交流、そして今回の卒業生としての交流、それが本当にしみじみと「意味がある」と感じています。

 

f:id:etamaemma:20170214000558j:plain

 

帰りは、満月(……ではなかったらしいですが)みたいに月がとってもきれいでした!!